人に好かれる方法ってある?心理学の「ラポール」が鍵だった!

人に好かれる方法ってある?心理学の「ラポール」が鍵だった!

人に好かれる方法ってある?心理学の「ラポール」が鍵だった!

 

 

人間関係がうまくいっていれば、人生がとても楽しく充実したものになりますよね!
それだけに、いつの時代も人間関係は悩みの種になりやすいものです。
人に好かれ、スムーズに信頼関係を築くにはどうしたらいいでしょうか?

 

心理カウンセリングやセラピーの世界では、セラピスト(カウンセラー)はクライエント(患者)と素早く信頼関係を築くことが重要視されます。その彼らにとって常識となっている心理学の手法があります。
心理学と言っても小難しいことではなく、人と丁寧に接する上での基本的なことばかりで、すぐに取り入れられますので、ご紹介していきます!

 

今日は、

 

・ラポールの秘密。人に好かれる方法とは?
・親近感のテクニックとは?ミラーリングについて
・親近感のテクニックとは、その2。ペーシングについて
・信頼関係を築く方法とは?バックトラッキングについて

 

についてお伝えしていきます。

 

 

 

1 人に好かれるってどういうこと?ラポールの秘密
ラポールとは、フランス語で「橋を架ける」という意味があるようです。
そこからイメージされるように、二人の間で、相互に信頼関係ができており、心が自然に通い合っている状態のことを指します。

 

ラポールが築けていると、患者は安心して自分を表現したり、自由に行動することができるので、セラピストは治療のきっかけを見つけやすくなります。
また、セラピストが治療のための働きかけをした際に、患者はそれを受け入れやすくなります。
このように、治療・完治という一つの目的に向かって、協力して共同作業を行いやすいということなのです。

 

日常生活でも、人と人が協力し合って生活していますから、このラポールをうまく形成して、良好な人間関係を築くことが大切なんですね!

 

では、ラポールを築くと言っても、具体的に何をすればよいのでしょうか?
次の項でお伝えしていきますね。

 

人に好かれる方法ってある?心理学の「ラポール」が鍵だった!

 

 

 

2 ミラーリングとは?親近感を感じさせるテクニック!

 

 

ラポールを形成するテクニックの1つがミラーリングです!
ミラー=鏡ですね!

 

相手が鏡に映ったかのように、相手のしぐさや様子を真似るだけです。
なぜかと言うと、人は自分に似たものに親近感を抱く傾向があるからです!

 

街で人を見ていて、仲のいい友達同士の動作がすごく似ていると感じたことはありませんか!?長年連れ添った老夫婦も雰囲気やしぐさがとても似ていますよね!
これは、自然と互いに相手に合わせることで心地よい状態を作り出しているのでしょう。

 

筆者は、煙草を吸いませんが、喫煙者同士は仲良くなるのが早いように感じて羨ましく思っています。喫煙という共通点があるだけでなく、同じタイミングで喫煙所に行ったり、同じような姿勢で吸っているので、親近感がグッと沸くのでしょうね!

 

人に好かれるために簡単に取り入れられる方法ですね。

 

人に好かれる方法ってある?心理学の「ラポール」が鍵だった!

 

 

 

3 ペーシングとは?親近感を感じさせるテクニック2!

 

 

先ほどのミラーリングは相手のしぐさなど目に見える部分を真似ましたが、ペーシングとは話すスピードや声のトーンなどのペースを合わせていきます。
これもミラーリングと同じで、似たものに好感を抱く性質を利用したものです。

 

相手が話しているスピード・声の高低・強弱・リズム感などを注意深く観察し、ペースを合わせていきます!

 

よく観察していると、相手の言葉が切れて息継ぎをする瞬間が分かりますので、そこで相槌を打つと、相手も話しやすくなりますよ!

 

筆者が電話対応の仕事をしていた時には、訛りが入った大きな声でお話をされる年配のお客様には、大きな声でフレンドリーに(あまりかしこまらず)話すようにしていました。そうすると、馬が合って和やかな雰囲気になり、意思疎通がとてもスムーズに行くんですよ!

 

人に好かれる方法ってある?心理学の「ラポール」が鍵だった!

 

 

 

4 バックトラッキングとは?信頼関係を築く手法

 

 

3つ目のテクニックであるバックトラッキングとは、相手の話の中から相手の言葉を使って相槌を返すことで、いわゆる「オウム返し」とも言われます。
心理学用語ですが、会話術の教科書にもよく出てくる言葉ですね!

 

相手の言ったことを会話の中で返していくことで、相手は話をきちんと聞いてもらっている、理解してもらっているという安心感を抱くことができます。
すると、信頼感が増し、さらに会話が弾みますよね!

 

バックトラッキングには、相手の話した「事実」を返す方法、「感情」を返す方法、話を要約して返す方法がありますが、
「感情」を返していくと、より相手の気持ちに寄り添った会話になりますよ!

 

例えば、相手が「レジで割り込みされて、腹立った〜!」と言った場合、「割り込みされたんですね!」というのが事実のバックトラックで、「腹が立ったんですね」というのが感情のバックトラックです。

 

感情の部分を返し、「それは腹立ちますね〜」と共感していくと、互いの距離が近くなり、信頼関係の構築につながっていきます!

 

人に好かれる方法ってある?心理学の「ラポール」が鍵だった!

 

 

 

5 まとめ
今日は、人に好かれる方法として、ラポールを築くための3つの方法をご紹介しました。
ここで注意していただきたいのが、露骨にやると逆効果になるという点です!
誰だってあからさまに真似をされたりオウム返しをされたら、警戒心が働いてしまい、いい気はしませんよね。

 

信頼関係を築くために大事なのは相手を思う気持ち・尊重する気持ちだと思います!
その気持ちを大事に、相手との距離を縮める一つの工夫として、さりげなく取り入れてみてくださいね!

 

 

 

 

復縁ガイドブック(石川美香)内容レビュー!評判・口コミ