女を惚れさせるメールでの会話とは?すぐに真似できる3つのコツを伝授。

女を惚れさせるメールでの会話とは?すぐに真似できる3つのコツを伝授。

女を惚れさせるメールでの会話とは?すぐに真似できる3つのコツを伝授。

 

 

女性と知り合い、関係を深めていくためにはメールやラインが必須アイテムですよね!
うまくメールやラインを活用して会話をすれば、女を惚れさせることができるのですよ。

 

今回は、合コンや紹介などで知り合った女性とメールなどで仲良くなる方法についてお伝えしていきます。

 

内容は、

 

1.メールのタイミングと頻度
2.メールでの会話のコツ〜名前を入れる〜
3.メールでの会話のコツ〜応援メッセージ〜
4.メールでの会話のコツ〜すぐにデートに誘う〜

 

です。

 

女を惚れさせる男前なメールを送って、恋をゲットしましょう!

 

 

 

1 メールのタイミングと頻度
メールをいつ、どの程度送ったらいいの?と戸惑う男性は多いのではないでしょうか?
メールの印象一つで、恋の芽を摘みたくないと思いますよね!

 

しかし、こればかりは相手の女性次第で、万人にウケる方法はないのです。
返事が返ってこなくなったら、それがダメだった時です。ですが、返事が来ているということは、まだ見込みが0%ではないということですから、自信を持ってください!

 

 

・メールのタイミング
知り合って、メールアドレスの交換をしたとします。いつ送りますか?
正解はありません。あなたが送りたい時に送ってください。
帰り道でもいいですし翌日でもいいですが、あまり何日も間が空かない方が良いです。
モテるテクニックを教えるサイトなどでは、よく好意があることを悟られてはいけないから、そっけなくした方が良いとか、メールも時間を空けて送った方が良いというアドバイスが見られます。
確かに、それも一理あるかもしれませんが、好意があるということを伝えることで好意が返ってくるという法則もあります!

 

ただし、相手から返事がない内に、何本もメールを送るのは止めてください。千年の恋も冷めます。

 

時間帯は、昼休みか夜23時ころまでにしておくのが無難でしょう。
避けた方が良いのは朝方のメールです。送信時間を見て、一体どういう生活をしているのだろうかと疑問に思われてしまうでしょう。

 

 

・メールの頻度
相手からメールの返信があったら、自分も返信をするという形でいいです。

 

何分かかろうが、何時間空けようが、問題ありません。例えるなら、緊急でない取引先とのメール、くらいの感覚で良いです。2〜3日空くとさすがにマズいですが、他に優先的にやることがあるなら、数時間空いても仕方がないという感覚です。

 

 

女を惚れさせるメールでの会話とは?すぐに真似できる3つのコツを伝授。

 

 

 

2 メールでの会話のコツ〜名前を入れる〜
メールで大切なことは、相手に自分を印象付けることです。
メールの文面の冒頭に「こんばんは。○○と言います。先日の□□の飲み会で、〜〜のお話をした者ですが、覚えてくれていますか?」みたいな感じで始めると印象がとても良くなります。

 

自分は覚えられているという前提で、突然会話を始めるメールより思いやりが感じられて好印象ですよね!

 

また、相手を印象深く思っているということを伝えることも、自分を印象付ける効果的な方法になります。

 

例えば、「先日の飲み会で、○○さんの〜〜のお話が自分も似たような経験があったので、とても印象に残りました。」などのように、相手の印象深い点をさらっと書いておくと、互いの印象を共有できるのですよ。

 

さらに、メールをする際には「○○さん、今日はありがとうございました。」という感じで、常に相手の名前を入れると、とても好印象です。
まるで、呼び掛けられているような気持ちになり、メールをする度に親近感が沸いてくるんですね。

 

 

女を惚れさせるメールでの会話とは?すぐに真似できる3つのコツを伝授。

 

 

 

3 メールでの会話のコツ〜応援メッセージ〜
メールで、どのような事を書いたら良いのかということも悩みの種ですよね。何を書いたら良いか分からない場合は、相手を応援してみてはいかがでしょうか?

 

「褒める」より媚びていない感じで、女性からしても素直にうれしいです。

 

漠然と応援するよりも、具体的に応援してあげましょう。例えば、女性の仕事を知っていたら「○○さんの仕事は、〜〜なところが大変そうですよね!今日も一日がんばりましょう!」など具体的に言ってあげると、会話も深まります。

 

これは仕事でなくても、趣味でも部活でもペットでもその女性の生活に関することであれば、全てに応用できます。
その応援メッセージの中に、自分なりの意見・工夫・豆知識を入れると、頼りがいのある男性だな〜と思わせ惚れさせることができますよ。

 

例えば、「○○さんの仕事は、外回りが多くて体力使いますね!熱中症に気を付けて、お互い仕事頑張ろう!熱中症には、ミネラル麦茶と干し梅が良いらしいですよ〜。」みたいな感じです。

 

 

女を惚れさせるメールでの会話とは?すぐに真似できる3つのコツを伝授。

 

 

 

4 メールでの会話のコツ〜すぐにデートに誘う〜
ここまで、どのようなメールをどの程度送ればよいのかについて、考えてきました。
しかし、はっきりと申し上げて、メールだけでモチベーションを維持することはお互いにできませんよね!?タイミングを逃すと、ダラダラと不毛なメールを続け、メールの間隔がどんどん空いていき、最終的にどちらからともなく音信不通になって終わりです。

 

早い段階で、サラッとデートに誘い直接会話をしましょう。何度か誘ってみてダメなら、頑張ってメールを続けても脈なしですので、メールも止めて、次の出会いを探しに行きましょう。

 

つまり、そういう余裕が大事だということが本日のまとめになります。
メールの頻度・タイミング・内容など気にするよりも、「そんな些細なことでダメになるのだったらご縁がなかったんだ!」「また次の出会いを探せばいいんだ!」という余裕のある姿勢が、女を惚れさせる雰囲気作りに最も大事なのです!

 

 

 

 

 

 

モテる男の話し方テクニックを解明。悩み相談で女性を惹きつける!?

 

 

 

こちらもオススメ!

 

人に好かれる会話術【男女兼用】の内容のレビュー(ネタバレあり)