大人な男性に好きになってもらうには。美しい言葉遣いで品良く見せる!

大人な男性に好きになってもらうには。美しい言葉遣いで品良く見せる!

大人な男性に好きになってもらうには。美しい言葉遣いで品良く見せる!

 

 

男性は若くて、少し天然なくらいのかわいらしい女の子が好きだと思っていませんか?

 

確かにそういう男性も多いのですが、30代以上の男性からは「自立している」「常識がある」「家庭的である」女性が良いといった好みをよく聞きます。

 

つまり、結婚を意識した大人の男に好きになってもらうには、それに釣り合う知性と教養が必要だと言えるのではないでしょうか。
言葉一つにも、性格や生活がにじみ出るものです。知性的で品のある女性だと思ってもらえる美しい言葉を意識していきましょう。

 

今回は、

 

1.美しい言葉とは?奥ゆかしさがポイント
2.計り知れない美しい言葉の効果
3.ありがとうに一工夫
4.すみませんにも一工夫

 

について、お伝えします。

 

考え方を知っていただければ、難しい敬語は苦手という方でもすぐに取り入れられると思いますので、ぜひ読んでみてください。

 

 

 

1 美しい言葉とは、奥ゆかしい言葉
美しい言葉と聞いて、みなさんはどういう言葉を思い浮かべるでしょうか?
筆者は、舞妓さんの話し方がとても女性らしくて美しいと思います。

 

これは筆者の独断と偏見ですが、美しいと思う言葉というのは「配慮や思いやりのある言葉」「分をわきまえている言葉」「敢えて全てを語らない控えめな言葉」だと思います。

 

つまり「奥ゆかしさ」のある言葉が美しく感じられるのではないでしょうか。

 

若者言葉が嫌われるのは、そういった大人な人間が持つ配慮や奥ゆかしさがまったくないからでしょう。「キモイ」「やばい」「マジ○○」などの言葉は、感情の垂れ流しです。自身の感情ありきで、他人にそれをばしんと投げつけているような乱暴さがあります。

 

知性や品を備えた大人の女性であれば、自身の感情と他人の感情は違うものという前提に立ち、他人の感情・心の内にはズケズケと立ち入らないものです。自身の感情についても、相手が聞いた時どう思うかを考えて、控えめに表現するのが気配りというものですね。

 

敬語は、相手を敬い、相手との間に一本の線を引いて互いに立ち入りすぎないという配慮です。相手を尊重する姿勢があるのです。

 

若い方の中には、敬語がよそよそしく感じて戸惑う方もいるようですが、このような背景にある思いやりを知れば、苦手意識が減るのではないでしょうか?

 

 

大人な男性に好きになってもらうには。美しい言葉遣いで品良く見せる!

 

 

 

2 計り知れない美しい言葉の効果
美しい言葉を繰り出すポイントは、自身の感情と他人の感情は違うということを知ること、その上で他人を尊重することです。聞けば簡単ですが、実行することは実はとても難しいことなのです。

 

なぜかと言うと、自分に自信がないと、他人を尊重できないからです。自信がないと、安易に他人に同調してしまったり、反対に感情的になって自分に気持ちを押し付けたりしますよね。

 

つまり、美しい言葉を使える女性は、揺るぎない自信があるということです。
それが伝わってくるので、美しい言葉を使う女性は好かれるのですね!

 

逆説的に言えば、美しい言葉を使うよう意識していると、自分に自信を持てるようになってくると言うことができるかもしれません。

 

類は友を呼ぶという言葉があるように、自分自身が自信を持って、他人を尊重する姿勢でいると、同じような人が周りに集まってくるものです。
自立した大人のイイ男を引き寄せ、好きになってもらうには、自分自身を高めていくことが近道のようです。

 

 

大人な男性に好きになってもらうには。美しい言葉遣いで品良く見せる!

 

 

 

3 ありがとうに一工夫
「ありがとうございます」という言葉はとても素敵ですよね!
ただ、使う機会も多いもので、一本調子になってしまいがちでもあります。少し言葉を足したり言い換えたりして、美しく女性らしく使いましょう。

 

・恐れ入ります。
目上の方から何かをいただいた場合や褒められた時などに使ってみましょう。この言葉には、分をわきまえている、己を知っているという印象があります。深い感謝が伝わってくるので、目上の方からの評価も上がります。

 

・ご丁寧に、お心遣い、お気遣い
「ありがとうございます」の前にこの一言を付け加えるだけで、感謝の気持ちがより具体的になり相手に伝わりますね。

 

・お言葉に甘えて…
何か目上の方からいただいたり、申し出を受けたりした時に使います。
例えば、会社で上司から先帰って良いと言われた時に「それでは、お言葉に甘えて、お先に失礼いたします。」のように使うと、上司も「おっ」と思うでしょう。

 

 

大人な男性に好きになってもらうには。美しい言葉遣いで品良く見せる!

 

 

 

4 すみませんにも一工夫
「すみません」という言葉は、丁寧な印象もあり使い勝手が良いので、日常的に多用される言葉ではありますが、別な言葉に言い換えると、ぐっと上品な印象になりますよ。

 

・申し訳ございません。
謝罪に意味での「すみません」であれば、より丁寧に「申し訳ございません」とお伝えするのが良いでしょう。

 

・失礼いたします。
部屋に入るとき、満員電車を降りるとき…やたらに「すみません」「すみません」と言っていませんか?間違いではありませんが、「失礼します」と言い換えると、丁寧な印象を与えられますね。

 

・注文をしてよろしいですか?
・注文をお願いします。
飲食店などで、店員に対し「すいませ〜ん」と呼びかけることも多いですね。これを「よろしいですか?」「お願いします。」に変えるだけで、グンと女性らしくなります。

 

 

 

本日は、美しい言葉遣いについて一部をご紹介しました。些細な言葉遣いで「おっ、あの人上品だな!」と思われますよ。
大人なイイ男や上司、年配の方々などから好きになってもらう工夫として、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

 

 

 

 

好かれる雰囲気とは?話術の基礎トレーニングでコツを身に付けよう!

 

 

 

こちらもおすすめです。

 

今話題!人に好かれる会話術の秘密とは?