好感度が上がる話し方のコツとは?リフレーミングを使って褒めよう!

好感度が上がる話し方のコツとは?リフレーミングを使って褒めよう!

好感度が上がる話し方のコツとは?リフレーミングを使って褒めよう!

 

 

男女問わず、人は褒められれば嬉しいものですよね!ですから、相手を褒める話し方を意識すれば、自ずと好感度アップに繋がります。

 

ですが、誰もが良いと思う事柄や状況を褒めるのは「普通」です。誰でもできます。それでは印象に残りません。
差を付けるには、マイナスに思える事柄からでも良い面を見出して褒める!これが自然にできるようになれば、格段にあなたの好感度が上がるでしょう。

 

心理学のテクニックを利用すれば、マイナスに思えるシチュエーションからでも、プラスの側面を見出すのが上手くなりますよ!

 

本日は、褒めるテクニックとして

 

1.物事は考え方次第!リフレーミングとは
2.状況のリフレーミング
3.内容のリフレーミング
4.リフレーミングを使った女性の褒め方具体例

 

について、お伝えしていきます。

 

相手を褒める時だけでなく、自分が行き詰って苦しい時にも、考えをポジティブに変えられるテクニックですので、ぜひ覚えてくださいね。

 

 

 

1 物事の良し悪しは考え方次第!心理学用語のリフレーミングとは?
リフレーミングとは、心理カウンセリングなどの場面で使われているテクニックです。
Re-Framing、つまり直訳すると枠組みを再構築することですね。ある枠組みで捉えている物事を、違う枠組みに当てはめ直して見ることを意味しています。

 

物事を今までとは違った角度からアプローチしてみたり、物事に対する視点・焦点・解釈を変えたりすることで、生き方をより良くしていこうという考え方です。

 

給料日前日に財布に500円残っていたとします。Aさんは「500円も残っている!弁当が買えるから、ラッキー。」と考え、Bさんは「500円しかない!これじゃぁ立ち飲み屋にも行けないな〜。」と考えます。同じ500円でも、豊かと感じるか、貧しいと感じるかは見方次第なのですね。

 

人には考え方の癖があり、Aさんパターンの人はいつもラッキーと物事を捉え、Bさんタイプの人はいつもアンラッキーに捉える傾向があるのです。その積み重ねによって、人生が楽しいかどうかの度合いが変わってきますよね。

 

このリフレーミングというテクニックの素晴らしいところは、いつでも・誰でも・いつからでもできる、ということです!Bさんも、すぐにAさんになれるのです。

 

また、AさんがBさんに、リフレーミングしたメッセージを伝えることで、Bさんに新たな視点をもたらすことも可能かもしれませんね!

 

 

好感度が上がる話し方のコツとは?リフレーミングを使って褒めよう!

 

 

 

2 状況のリフレーミング
状況をリフレーミングしていくには「この事柄(行動)は、他にどのような状況であれば役立つか?」「この事柄(行動)に価値を見出せるのは、どんな状況のときか?」と考えていきます。

 

例えば、上で挙げた例で、月初にお金を使いすぎて月末にジリ貧生活を送ることになったBさん。Bさんは、もっと計画的にお金を使っていれば良かったと後悔モードです。

 

しかし、自分が欲しいと思ったものを即決で買うという性格は、大きな決断力を要する仕事の場面で活かすことができます。また、人に奢ることを厭わない器の大きさは、部下を従えるポジションで活かすことができますよね!

 

このように、状況次第で能力を発揮できると考えることができます。

 

 

好感度が上がる話し方のコツとは?リフレーミングを使って褒めよう!

 

 

 

3 内容のリフレーミング
内容のリフレーミングをしていくには「この事柄(行動)に、ほかにどのような意味があるか?」「この事柄(行動)に、他にどんなプラスの価値があるか?」と考えます。

 

例えば、リストラされたら通常は途方に暮れたり、会社を恨んだり、自分を卑下したりしてしまいますよね。
そこで焦点をずらして「どのようなプラスの意味があるか?」という考えることで
「迷っていた、もう一つのやりたい仕事にチャレンジできるいい機会!」
「会社都合の退職であれば、失業保険もすぐにもらえるから、安心して仕事を探せる!」という良い面にも目を向けられるようになります。

 

状況のリフレーミング・内容のリフレーミング共に、活用することで、積極的かつ前向きに人生の次の一歩を踏み出せるようになるということがポイントですね!

 

 

好感度が上がる話し方のコツとは?リフレーミングを使って褒めよう!

 

 

 

4 リフレーミングを使った褒め方具体例
ここでは、リフレーミングを恋愛に活かす方法を考えてみましょう。

 

誰でもができる褒め方ではなく、あなたにしかできない褒め方を意識してください。つまり、女性が気にしている点・コンプレックス・落ち込んでいることなどを、「長所」であり「チャームポイント」であり「そこを俺は好きだ」と伝えるのです。

 

このような話し方ができれば、好感度急上昇で、あなたは特別な人になれますよ!

 


・自分の体型を太めだと気にしている女性には…
『俺はグラマラスですごくセクシーだと思うよ!』

 

・自分の一重瞼がコンプレックスな女性には…
『クールビューティーって感じで、カッコいいじゃん!』
『鋭い時とかわいい時と両方あって、猫みたいでナデナデしたくなる!』

 

・上司から主体性がないと言われ、落ち込んでいる女性には…
『○○ちゃんは、いつも自分より周りの人の気持ちを大事にして行動しているよね。そういうところ、すごいな〜って思っていたよ!』
という感じです。

 

 

好感度が上がる話し方のコツとは?リフレーミングを使って褒めよう!

 

 

 

本日は、好感度がアップする褒め方・話し方についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか?
「ピンチはチャンス」とよく言いますが、本人がネガティブに捉えていた事柄もポジティブにリフレーミングすれば、意外な強みとなりそうですよね。相手の隠れた強みを引き出すコンサルタントになったつもりで会話を楽しみましょう!

 

 

 

 

 

 

例え話や比喩を上手に使って、人を楽しませる話術を身に着けよう!

 

 

 

 

こちらのサイトもおすすめです。

 

M.R.M 吃音(どもり)改善プログラム(中村しょう)の評判・口コミ