例え話や比喩を上手に使って、人を楽しませる話術を身に着けよう!

例え話や比喩を上手に使って、人を楽しませる話術を身に着けよう!

例え話や比喩を上手に使って、人を楽しませる話術を身に着けよう!

 

 

会話が盛り上がる人や話していて楽しい人は、とにかく会話の引き出しが多いですよね。その引き出しの中でも、例え話や比喩が上手な人は特に話していて楽しいですね!

 

人を楽しませる話術を磨くには、例え話や比喩を会話にうまく取り入れるのが近道です。

 

早速、例え話や比喩をマスターできるよう勉強していきましょう。

 

 

本日は、

 

1.例え話や比喩のメリットとは
2.相手を納得させる例え話や比喩の具体例
3.女性を褒めて楽しませる例え話や比喩の具体例

 

についてまとめましたので、ご紹介していきます。

 

例え話&比喩上手になって、話術でみんなを楽しませましょう!

 

 

 

1 例え話や比喩を使うメリットは?
例え話とは、難しくて理解しづらい内容を、比喩によって具体的な別の話に置き換え、理解しやすく説明する手法のことです。

 

人は、比喩表現によって想像力を掻き立てられます。頭の中に、聞いた例え話の情景を思い浮かべることで、実感を伴って理解しやすくなるのですね。
難しい熟語だらけの文章で説明されるより、「例えば〇〇ってことだよ。」と身近なものに例えてもらえれば、グンと理解しやすく、親しみやすくなりますよね!

 

つまり、人に理解を促す時や説得する時には、例え話や比喩表現が効果的なのです。

 

また、例え話や比喩が上手な人は、相手に分かりやすく説明しようと心掛けている人でもあるので、会話をしていて思いやりがある人だという印象を与えやすいです。加えて、的確な例え話を作るには、その対象に対する理解がきちんとできていないといけないので、深く物事を理解している頭の良い人だの印象にも繋がります。

 

このように良いところ尽くしの例え話・比喩を使えるように練習しましょう!

 

 

例え話や比喩を上手に使って、人を楽しませる話術を身に着けよう!

 

 

 

2 例え話や比喩をうまく使って、相手を納得させよう!
直接的に「〜したらどう?」とアドバイスしても、聞き流されてしまうという経験はありませんか?相手は、あなたの言葉をきちんと理解しようとしていなかったり、聞いたが腑に落ちなかったのでしょう。

 

相手が自分の頭で考える余白を作る、ということが非常に大事なのです。自分で考え、行動したことは忘れないですし、継続しやすいですから。

 

そのための効果的な働きかけとして、例え話をします。自分の体験談でも良いですし、一般的な事柄でも構いません。気持ちを込めて、相手への思いやりで話します。

 

例:すぐに乱暴な言葉遣いをしてしまい友達があまりできない小学生の男の子A君に・・・
父「Aは、キャッチボールが上手だね!コツはあるのかい?」
A君「相手の胸のあたりに投げる。」
父「そうか、だからAの球は取りやすいんだね。」
父「友達との会話もキャッチボールと一緒なんだ。相手の取りやすいところに言葉を投げる感じなんだよ。強すぎたり、速すぎると相手は取れないだろう?Aは、キャッチボールがこんなに上手なんだから、きっと友達と仲良くなれるよ。」

 

A君はスポーツが得意のようなので、このように身体感覚に置き換えて説明していくと、「なんとなく分かる」状態になります。そしてなんとなく分かれば「なんとなくできる」ような気持ちになりますよね。

 

「乱暴な言葉遣いは止めなさい!」「友達とちゃんと仲良く遊びなさい!」と叱りつけるよりは、A君の自発的な行動を促せるでしょう。

 

例え話や比喩を効果的に取り入れた話術を使えば、あの人と話すと考えさせられるし、気付きが多いな〜となり、好感度も上がりますし、より多くの人を会話で楽しませることができるようになりますね。

 

 

例え話や比喩を上手に使って、人を楽しませる話術を身に着けよう!

 

 

 

3 例え話や比喩をうまく使って、女性を楽しませる褒め方をしよう!
女性は、男性より感情的にものを考える傾向があります。想像力も豊かであるため、例え話や比喩をすんなりと受け入れることができるのです。

 

そのため、女性を楽しませる話術に例え話や比喩は欠かせません。
特に、女性を褒める時に例え話や比喩的表現を使うと深みが出て、インパクトも与えられます!
少しインパクトがあり、女性を笑わせて楽しませる比喩例をご紹介しますね。

 

例:
・「チーターみたいに引き締まった足がカッコいいね!俺、狩られたい。笑」

 

・「〇〇ちゃんとご飯行くって決まってたから、今日は馬車馬のように働いたぜ!いつもはポニーなんだけど。笑」

 

・「〇〇さん、めっちゃ仕事早い!この量をこの時間でやるなんて信じられない。えっ、まさか〇〇さん、ヒューマノイドじゃないよね!?」

 

少しユーモアを入れて、普通ではない例え話や比喩を使って褒めることで、他の男とは違うなと思わせることができますよ。

 

注意点は、「キザ」になりすぎないことです。 間違っても「君は僕の天使だ」と真顔で告白するのは止めた方がいいと思います(笑)。

 

 

例え話や比喩を上手に使って、人を楽しませる話術を身に着けよう!

 

 

 

例え話や比喩は、日頃から訓練をしていないとなかなか咄嗟には思いつきません。

 

・日頃から何かいい話・おもしろい表現はないかとアンテナを張る
・日頃から身近な人に話す時に使ってみる
・自分の理解したことを他の言葉で言い換えるとどうなるかを頭の中で考えてみる

 

などの自己研さんが必要ですね!

 

今回は、人を楽しませる話術として、例え話や比喩を駆使するノウハウについてお伝えしました。例え話や比喩を考えていると、自分の理解も深くなりますから、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

 

ハロー効果で好感度アップ!人に好かれる話し方や外見を目指そう

 

 

 

こちらもオススメ!

 

人に好かれる会話術【男女兼用】の内容のレビュー(ネタバレあり)