異性に好かれる心理学テクニックとは?視線の驚くべき効果!

異性に好かれる心理学テクニックとは?視線の驚くべき効果!

異性に好かれる心理学テクニックとは?視線の驚くべき効果!

 

 

人から好かれるには、話の内容がすごく面白かったり、深くないといけないと思っていませんか!?
実は、話の内容は関係なしに好印象を与え異性に好かれる心理学テクニックはあるんですよ!

 

人は普段、言葉以外の方法でも人と様々な情報を交換しており、これを心理学では「ノンバーバルコミュニケーション」と言っています。このノンバーバルコミュニケーション次第で、相手からの印象を良くも悪くも変えることができるのです!

 

中でも、日本では「目は口ほどに物を言う」という諺があるとおり、「視線」の工夫によってかなり印象を良くすることができるのです。

 

今日は、視線を意図的に使うための知識として

 

●ノンバーバルとは?実は言葉よりも重要だったりする真実
●視線から私たちが感じ取ること
●視線を使って異性に好かれる方法(男性編)
●視線を使って異性に好かれる方法(女性編)

 

について、お伝えしていきます。

 

 

 

1 実は、人はノンバーバルによって判断していると言っても過言ではない

 

(ア) ノンバーバルコミュニケーションとは
ノンバーバルコミュニケーションとは、文字通り「非言語的」なコミュニケーションのことです。言葉を使わないコミュニケーション全般を指しますので、視線、表情、姿勢、ジェスチャーから声のトーンまで多岐に渡ります。

 

反対に、言語を使ったコミュニケーションのことをバーバルコミュニケーションと言い、話し言葉以外に、手話や書き言葉なども含まれます。

 

人は、意識してか無意識かに関わらず、常にノンバーバルを読み取って情報収集をしているんです!
その情報で、好きか嫌いかという印象を決めたり、相手の意図を読み取ったりしているのですから、上手に使わない手はありませんね。

 

(イ) メラビアンの法則って何?
このノンバーバルコミュニケーションがいかに大事かということを示す実験結果として、メラビアンの法則というものがあります。

 

矛盾したメッセージが発せられたときに、人は、話の内容などの言語情報7%、口調や話の早さなどの聴覚情報38%、見た目などの視覚情報55%の割合で、受け止め方に影響を受けているというのです。

 

つまり、ノンバーバルコミュニケーション(聴覚情報と視覚情報)が9割以上を占めているのです!驚きの結果ですね。

 

これを「3Vの法則(言語情報=Verbal・視覚情報=Visual・聴覚情報=Vocalの頭文字)」と言うこともあります。

 

確かに、家族が「元気だよ」と言っても、表情が暗かったり、肩を落としてトボトボ歩いていたら、私たちは、元気ではないと判断しますよね。
それだけ、相手のことを知るときにノンバーバルコミュニケーションがとても大事だということなのです。

 

 

 

 

異性に好かれる心理学テクニックとは?視線の驚くべき効果!

 

 

 

2 視線から私たちが感じること
目は心の窓とも言われており、私たちにたくさんのことを教えてくれます。

 

(ア) 相手の気持ちを読み取るための視線
先ほど、ノンバーバルコミュニケーションを読み取ることで相手のことを知れるとお伝えしました。
そうですね、相手のことを知りたいと思った時には、じっと相手を観察するものです。
相手がジッと見ていたら、その視線には興味関心が表れていると考えてよいでしょう。

 

しかし、一概に興味関心と言っても、好意的なものと好戦的なものがあるようです。
好きだから、知りたくて見ている場合と、
負けたくないから、相手がどう出るか知ろうとして見ている場合があるのです。

 

好意的な視線の代表格は、赤ちゃんを見つめるお母さんの視線ですね!愛おしい気持ちと、何か必要なことがあったらしてあげようと気を付けている感じです。

 

反対に、好戦的な視線としては、ドラマ「半沢直樹」で度々目にした半沢と大和田常務のにらみ合いでしょうか。互いに視線を逸らすことができない緊迫感がありますよね。

 

 

(イ) 相手に気持ちを伝えるための視線
自分を知ってもらいたいという欲求の表れとして積極的に視線を使うこともあります。
アイコンタクトもその一つです。自分の意図を分かって、というサインですね。また、好き好きアピールで目を見つめるということもありますよね!
ここをきちんと読み取れると、人間関係がぐんと深まっていきます。

 

逆に、批判的なメッセージを送る視線というものもありますので、注意が必要です。
目を大きく見開いたり、見開いて上を見るような視線というのは、あきれたということを示す場合が多いですよね。横目でじろーっと見ることは、批判を表す意味が含まれることがあります。
会議中に上司がそのような目をしていたら、要注意です!(笑)

 

視線の意味の違いをどうやって読み取るかが難しいのですが、1つポイントがあります。
それは、「瞳孔の大きさ」です。人は、興奮状態にあるときや、興味のあるものを見ているときには、瞳孔が通常の5倍程度大きく開くそうなのです!

 

そして、瞳孔が開いているときには、目がキラキラと輝いて見えます。ですから、相手の目がキラキラ輝いていたら、あなたに好意的な可能性が高いということですね!

 

また、視線だけでなく、表情全体や姿勢などの様子も合わせて、総合的に読み取る訓練が必要ですね!

 

 

異性に好かれる心理学テクニックとは?視線の驚くべき効果!

 

 

 

3 視線を使って異性に好かれる方法(男性編)
人は、自分を気に掛けてくれる人を好きになる傾向があります。これを、心理学では「好意の返報性」と言います。
ですから、好意を持ってもらい好かれるためには、こちらも好意を持っていますよということに気付いてもらうとスムーズに行きます!

 

(ア) 目を合わせる
遠くから、意中の相手をチラチラ見る。話している最中にジッと見る。どちらも好意を伝えるのに有効です。

 

特に、男性は恥しがり屋で、人と目を合わせる頻度は少ないという印象がありますから、目が合うというだけで、気になっているということが伝わってきます。

 

ただし、遠くからあまり長い時間見つめ続けると、ストーカー疑惑を掛けられてしまうので気を付けましょう(笑)。

 

(イ) 目が合ったらすかさず笑顔
目が合ったら、視線を逸らす前に一度笑顔を見せてください!かなり印象が良くなります。

 

真顔で見つめるというのも素敵ですが、関係が浅い内は、睨んでいるのではないか?などの誤解を避けるためにも、笑顔を意識した方がいいですね。

 

居酒屋で、男性同士がわいわい話しているときに、1人がチラッとこちらを見た。目が合ったらニコッとした!話しかけに来るんじゃないの!?と女性陣は結構期待しています(笑)。

 

 

異性に好かれる心理学テクニックとは?視線の驚くべき効果!

 

 

 

4 視線を使って異性に好かれる方法(女性編)

 

(ア) 目の逸らし方
男性は女性に見つめられるだけでも、ドキドキするものなので、見つめるだけでもかなり効果がありますが、目を見つめた後もかなり肝心です!

 

学校や会社などで遠くのカッコいい男性を見ているシチュエーションであれば、目が会った後に恥ずかしそうに顔をうつむかせ、もう一度目を合わせるといったことを繰り返すと、好意が伝わります!

 

また、会話中に見つめているシチュエーションであれば、「二段階逸らし」が有効です。目が合っている状態から、他に目をやるときに、一度中間地点に視線を移すのです。できれば斜め下辺りに視線を置いてから、別の方向を見るといいです!

 

思わせぶりで色っぽい壇蜜さんのような視線の動かし方です。儚げで謎めいているので気になってしまう…という感じです。

 

(イ) あの手この手の見つめ方
「斜めにニコッ」…アイドルがよくやっている仕草で、男性から好かれるにはもってこいの見つめ方です。ジッと相手を数秒間見つめた後に、少し首をかしげる感じでにっこりします。首をかしげるという仕草が、「何か言いたいことがあるの?してほしいことがあるの?」と問いかけているような印象を与えるため、男性からは優しい女の子に見えます!

 

「上目遣い」…これは鉄板ですよね!男性の支配欲を満たしているとも言われていますが、男性は小さい女子に上目遣いをされるとキュンと来てしまいます。
背が高くても、上目遣いのシーンを作ることができますよ。例えば、物を拾うとき・相手のデスクの横にしゃがんで教えてもらうとき・靴ひもを結ぶときなど。むしろ背が高い人の方が普段とのギャップで効果が高まるのではないでしょうか。

 

 

異性に好かれる心理学テクニックとは?視線の驚くべき効果!

 

 

 

このように、視線を使って相手に好意を伝えることで、相手からも好かれることにつながっていくんです。
ただし、あまりこのテクニックを多用していると、思わせぶりな態度で勘違いや誤解を生む結果になりかねませんのでご注意を!

 

 

 

人に好かれるしゃべり方とは?自分も相手も大事にするWIN&WINの会話術

 

 

 

こちらもおすすめです。

 

今話題!人に好かれる会話術の秘密とは?