女性を楽しませる簡単会話術。嘘付いて・イジって・褒めるだけ?

女性を楽しませる簡単会話術。嘘付いて・イジって・褒めるだけ?

女性を楽しませる簡単会話術。嘘付いて・イジって・褒めるだけ?

 

 

男性であれば、誰でも気になっている女性の笑顔を見たいですよね!
笑顔が出れば二人の距離も縮まりますし、その後のコミュニケーションもうまくいきやすいです。そして何より、相手の笑顔が見られたら自分がハッピーになりますよね〜!

 

クスッと笑わせ、女性を楽しませる。そして関係をぐっと縮められる。そんな簡単な会話術のテクニックはないでしょうか?

 

今日は、女性を楽しませるだけでなく、関係も深める会話術テクニックとして

 

●付いて良い嘘とダメな嘘?嘘で相手を惹きつける方法とは
●女性をイジってお姫様気分にする方法とは
●イジった後に褒めると王子様になれる!?

 

について、お伝えしていきます。

 

会話の序盤で取り入れて、クスッと一笑いさせましょう。

 

 

 

1 付いて良い嘘、ダメな嘘。嘘で相手を惹きつける方法とは?

 

誠実なことも素敵ですが、堅苦しすぎると面白みに欠けます。
少し砕けた雰囲気やふざけた雰囲気がある男性ですと、女性もリラックスして話しやすくなりますね。

 

(ア) 明るい嘘で一笑い
会話の中に、明らかに嘘とわかる嘘を織り交ぜて女性の笑いを誘う方法が効果的です。

 

例えば、待合せ場所で会った瞬間に、
男「ここまでママチャリで来たら、家から2時間かかっちゃったよ〜。疲れた〜!」
女「え〜っ、嘘!?遠くないですか??」
男「嘘に決まってるじゃん!こんなとこまで来たら、ママチャリが火をふくわっ!でも、俺それくらい汗やばくない(笑)?喉乾いたから、なんか飲もうよ!」
女「ビックリしましたよ〜、もう(笑)。カフェかどっか行きますか☆」

 

といった具合に、明らかに嘘とわかる嘘(冗談と言ってもいいですね)を付いて、すぐに「嘘だよ〜ん」と明かします。場が和みますよね。

 

注意すべき点もあります。

 

●とにかく明るくカラッと言う
●職業や性格を偽るなど、相手が信じてしまいそうな微妙な嘘はNG
●病気・お金などのネガティブ・深刻な嘘もNG
●嘘だよとすぐにハッキリ伝えるべし
●会話の中で多用しすぎると、いい加減な印象になるので回数に気を付ける

 

女性を楽しませるという目的を忘れなければ大丈夫です!

 

(イ) ギャップにつなげて惹きつけよう
少しふざけている男性が、一瞬真面目な表情をしたり、真剣に仕事している姿を見ると、実はすごく真面目で良い人なのではないか!?とプラスに印象が傾きます。
自分の話をする時に、先ほど紹介したような明るい嘘を取り入れると、そのギャップ感を演出することができますよ!

 

例えば、
女「最近、お仕事忙しいですか?」
男「いや〜、全然暇だよ!暇すぎて、会社に寝袋持って行ってみんなでキャンプしたくらい。」
女「え〜!?キャンプ??(笑)」
男「というのは嘘で、先週忙しすぎて普通に会社に泊まり込みだったんだけどね〜(笑)。でも、薄暗い会社で食べるカップラーメンってキャンプっぽくて面白いよ。」
女「お疲れ様です(笑)。(仕事頑張っているんだ〜。前向きで良い人だな〜。)」

 

といった感じです。
ただ忙しいという状況を伝えるより、冗談めかして話す方が「実はこの人、言わないだけですごく仕事頑張っているんだな!」と強く印象付けることができるのです。

 

女性は想像力が豊かなので、自慢話やアピールをされすぎるよりは情報を小出しにされた方が、想像力が掻き立てられるのですね!

 

 

女性を楽しませる簡単会話術。嘘付いて・イジって・褒めるだけ?

 

 

 

2 女性をイジってお姫様気分にさせよう!
女性は、多かれ少なかれお姫様願望を持っています。男性に褒められたり、イジられたりして、コロコロ転がされている感覚に居心地の良さを感じる人も多いでしょう。

 

そのパターンが一度出来あがると、女性は安心してそのパターンに身を委ねます。
そして、あなたもパターンを見つければ、自然に何度も女性を楽しませることができます。よしもと新喜劇の吉田裕&すっちーの「乳首ドリル」みたいなものですね(笑)!ひたすら続く繰り返しで、くどいけれど安心して笑ってしまうんです。

 

まずは、女性の出身地や趣味など、当たり障りのない話題から攻めて様子を見るのが賢明です。
私は名古屋人なので、たまにこんなイジりを受けていました。
例:女「これ美味しい〜!」
  男「えっ、味噌味以外でも識別できるの?」
  女「(笑)できるし。」
  男「無理するなって〜。鞄に『つけて味噌かけて味噌』入ってるの知ってるぜ。」
  女「ちょっと〜、見んといてよ!(笑)」

 

はたまた、お酒が好きなので、こんなイジりもよくありました。
例:女「疲れた〜。(タンブラーからお茶を飲む)」
  男「おい!職場にウィスキー持ってきて、飲んでんじゃねぇよ!(笑)」
  女「いや、普通に紅茶ですから!(笑)」
  男「紅茶に〜?(にやり)」
  女「ブランデーをちょっと垂らして…来てませんからっ!(笑)」
  男「はい、みんな〜●●さんアルコール切れて使い物にならないので、今日飲みに行きま〜す。給油しま〜す。7時集合ね〜。」

 

イジられている時に主役になっている感じが心地良いんですね。
また、このように気さくに話しかけてくれる男性には、女性も気軽に自分の話したいことを話せるという印象を持ちます。

 

ただし、イジられるのがすごく苦手という女性もいます。あなたがイジった時に表情が凍り付いていたら、今後は止めた方がいいです。

 

ですから、失敗した時に、相手の傷になってしまう可能性のある性格や容姿についてイジるのは避け、上で挙げたような当たり障りのない話題でトライするのが賢明です!

 

 

女性を楽しませる簡単会話術。嘘付いて・イジって・褒めるだけ?

 

 

 

3 イジった後に褒めることで、あなたは王子様に変身!
上でお伝えしたように、イジりが成功した場合、女性は警戒心を解いて、本音を話すようになってきます。
イジる・イジられる関係の中で、冗談めかして本音を差し挟んでくるのです。

 

例えば、先ほどのお酒好きな女性の例ですと、
例:女「疲れた〜。(タンブラーからお茶を飲む)」
  男「おい!職場にウィスキー持ってきて、飲んでんじゃねぇよ!(笑)」
  女「いや、普通に紅茶ですから!(笑)」
  男「紅茶に〜?(にやり)」
  女「ブランデーをちょっと垂らして…来てませんからっ!(笑)でも、ホント飲まなきゃやってられないですよ〜。」
  男「どうした、どうした〜?」
  女「だって・・・(仕事の悩み)」

 

という感じで、悩みや本音を話し始めます。
その時に、

 

●茶化さずに真剣に聞く
●女性を褒める・労う
●最後は、また笑いで締めくくる

 

をすることで、女性のハートは鷲掴みです(笑)!

 

むしろ、この過程がなく、イジって笑ってばかりでは、あなたはただの友達になってしまいます。王子様になるためには、男性として意識させるには、真剣に聞き、女性を認めるという過程が必須なのです。

 

真面目な人が真面目に話を聞いてくれるよりも、少しふざけた人が真面目に話を聞いてくれた時の方が、特別に感じるというギャップを活かした会話術です。

 

 

女性を楽しませる簡単会話術。嘘付いて・イジって・褒めるだけ?

 

 

 

今回は、女性を楽しませる話題を振りながら、関係も深められる会話術をご紹介しました。
ぜひ、楽しみながら取り入れてみてくださいね。

 

 

 

好きになってもらう会話テクニックとは?あなたの魅力を引き出そう!

 

 

 

こちらもおすすめです。

 

今話題!人に好かれる会話術の秘密とは?